ソ・イングク ギャラリー {서인국 SeoInGuk}

歌手&俳優 ソ・イングクのファンブログです。ホットなニュースと映像を皆さんと共有したいです。 一緒にソ・イングクさんを応援しましょう。カテゴリ別に映像をまとめました。ブログに載せてる映像はソ・イングクさんのファンの皆さんがYOUTUBEに公開してくださった映像を使用してます。大切な映像の公開・共有ありがとうございます。{서인국 SeoInGuk}

 
2
3
4
6
7
8
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
07

2016/11/09-10「ショッピング王ルイ」14話 15話 16話編集動画

ショッピング王ルイは大人の童話のようなドラマと言われてます。心温まるとてもほっこりするとても優しいドラマ。。。大人になり忙しい社会生活にいつも間にか心の余裕を失ってしまった私たちへの暖かいプレゼントのようなドラマです。
素敵なドラマにグクがルイとしていてくれてファンとしてすごく嬉しいです。ありがとう「ショッピング王ルイ」ありがとうグク

Cw8kJr5UcAE3hct.jpg
いままで「ルイ♥ボッシル」そして私たちと一緒にして下さった視聴者の皆さんに心から感謝致します。

14話編集動画 15話編集動画 16話編集動画:ソイングクサポーターズさんより

louie_photo161111114351imbcdrama12.jpg
ルイとボッシリは幸せに暮らしました。めでたしめでたし -The End-



今まで私に「俺だけ信じて」と言ってくれた人はいなかったの
私はボクナムとおばあさんの保護者で責任がある
そんな話をしてくれた人はあなたが初めてだった
その言葉が慰めになった 頼もしかった

ボッシル
俺が
その話を
君に
永遠にしてあげる

俺だけ信じて



ありがとう


ボッシル
サランへ

私もサランへ

                 


「ショッピング王ルイ」最終回① 最後まであったかい「大人の童話」 記事元:mottokorea.com
前略

最後まで暖かさが隅々にまで満たされたドラマだった。『ショッピング王ルイ』は序盤から積み上げたキャラクターたちの話を最後までわざとらしくなく、よく組みたて、充実したハッピーエンドを迎えた。チョ・インソン(オ・デファン扮)の片思いからファングム企業の人びとの業績向上、さらにはコ・ボクシルとク室長のカバンを盗んで行ったスリのおばあさんまで、すべてのキャラクターのエピソードが濃い密度で描かれた。

主要な配役にストーリーが傾き過ぎず、刺激的な設定や事件のなかった『ショッピング王ルイ』は、すべての配役に均等に忠実に話の流れが与えられるように細心の配慮をした。孤高の城で人とコミュニケーションすることなく暮らしていたルイがコ・ボクシルに会って、人々と交わる生活を学ぶ成長期ドラマらしく、演出とストーリーの流れのすべてで「人との付き合い」を強調しており、温かさを加えた。

一見すると『ショッピング王ルイ』は、財閥3世が記憶を失って山奥の少女に会って恋に落ちるシンデレラストーリーだ。しかし、その中を詳しく見てみると、ルイはコ・ボクシルの暖かさで成長して、ルイを介して再びひとつに調和することになった人の話を通じて、ヒーリングをプレゼントする一冊の「大人の童話」だった。最後まで暖かかった『ショッピング王ルイ』は、疲れた視聴者たちに慰めを与えるのに十分なドラマとして残った。

「ショッピング王ルイ」最終回② ソ・イングクは証明し、ナム・ジヒョンは成長した 記事元:mottokorea.com
前略

ソ・イングクは、まさに「不敗神話」を誇る俳優だ。いわゆる「トップスターのパワー」はないものの、彼だけのしっかりとしたファン層を持っており、どの配役を引き受けても、自分の服のように「合わせて着る」演技力を誇り、ドラマの興行を導く俳優へと成長した。そのようなソ・イングクは今回も「逆走神話」を成し遂げて「不敗神話」をしっかりと証明する機会を得た。

特に、『ショッピング王ルイ』で見せてくれた「大型犬の魅力」は、これまでソ・イングクが見せなかったもう一つの魅力だった。ソ・イングクは制作発表会で「大型犬のように演技しようとした」と話し、ルイというキャラクターの魅力を最大限に発散することができる点を掘り下げて演技に溶かしこんだ。涙が爆発しそうなときに努めて何でもないふりをしたり、甘い場面では甘すぎることのないようにするソ・イングクの繊細な演技は、「本当にスマートな俳優」という考えを自然にさせる。

ソ・イングクが今回の作品で「証明」してみせたのなら、ナム・ジヒョンは成人演技者としての「成長」を味わった。ナム・ジヒョンは制作発表会の時から、初めての成人演技者としての主演作という点で、自分には『ショッピング王ルイ』が特別だと話した。子役出身だからか、まだあどけないイメージが残っているナム・ジヒョンは今回の作品で「子役の残滓」のすべてを脱いで、初めてナム・ジヒョンという俳優としてそびえ立つことになった。

成人演技者としての成長だけでなく、ロマンチックコメディのヒロインとしても遜色がないことを視聴者に見せることができる絶好の機会だった。家族ドラマや、あるいは誰かの子役として記憶されてきたナム・ジヒョンは今回の作品で見事にソ・イングクのいきいきとしたロマンスを描きながら「コ・ボクシル」という代表キャラクターを得ることになった。今後の可能性を多くの人々にアピールできたことはナム・ジヒョンに最も大きな成果だった。

「ショッピング王ルイ」最終回③ 水木ドラマ競争でビリからトップになった秘訣 記事元:mottokorea.com
前略

『ショッピング王ルイ』は序盤には低調な視聴率で「同時間帯最下位」を味わった作品だ。しかし、『ショッピング王ルイ』は、口コミに乗りながら徐々に視聴率を上げ、最終的に「不動の1位」だったSBS『嫉妬の化身』を抜いて同時間帯1位になった。音源チャートにのみ存在すると思われていた「逆走行の神話」をドラマ界で『ショッピング王ルイ』がやり遂げたのだ。

このような逆走がさらに高く評価されている理由は、今回の水木ドラマ競争に参加した競争作が、一様に「秀作」の評価を受けるドラマのだったからだ。『嫉妬の化身』は前例にないコミックロマンスを描いて好評を得て、KBS2『空港に行く道』は序盤には不倫をテーマにして非難されたが、繊細な感情表現と深い余韻を残すストーリーでマニア層を作り出した。

このような秀作の中で達成した逆走行であるため、『ショッピング王ルイ』の善戦はさらに価値があった。それでは、熾烈な競争の中で『ショッピング王ルイ』が逆走できた秘訣は何だろうか。

『ショッピング王ルイ』は、遠くから見たらシンデレラストーリーだ。制作発表会の現場で最も多く提起された疑問は、「財閥と山奥の少女のラブストーリー、過度なシンデレラまたはキャンディストーリー(漫画『キャンディ・キャンディ』のようなストーリー)ではないか」というものだった。記憶を失った財閥3世ルイと彼と出会ったコ・ボクシルのラブストーリーはありきたりな話のように見えた。そのような偏見があったため、視聴者と簡単には距離を縮めることができなかったことも事実だ。

しかし、『ショッピング王ルイ』は、一種の成長ストーリーにより近かった。ルイはフランスのお城で毎日ショッピングばかりをする「疎通の出来ない」人物だった。そんなルイがコ・ボクシルに会って、他人に関心をもつ方法、彼らと疎通する方法を学んだ。その後になって初めてルイは「共に生きる」人間に成長するようになった。このすべてのプロセスが、どたばたのエピソードと一体となり、『ショッピング王ルイ』を完成させた。

そのようなあたたかいルイの成長記を描いたため、視聴者にヒーリングを与えるのに十分だった。目まいがするよう社会のさまざまな出来事に疲れた視聴者たちにとって、ドラマの刺激的な展開はさらなる疲れのもとになるだけだ。そのような状況で『ショッピング王ルイ』が強調する「調和」の価値は、そのどの刺激的な要素よりも強力な吸引要素だった。そのため、口コミだけで『ショッピング王ルイ』が視聴層をさらに集めることができたのだ。

ソ・イングクの「モンムンミ発散」への変身も話題だったし、オ・デファンの活躍、イム・セミの再発見、ユン・サンヒョンの「素敵な役だと思っていたのに、実は壊れるキャラクター」演技も宝石のようだった。ルイとコ・ボクシルの愛だけでなく、ルイとチャ・ジュンウォンのブロマンスやキム・ホジュンとホ・ジョンランの恋人演技も楽しみをプレゼントした。

すべての伏線をもれなく回収した細かいストーリー構成と幼稚さと感動の中をよく綱渡りした演出も素晴らしかった。素朴でもあたたかく、大きな事件ななくても笑いのこぼれる『ショッピング王ルイ』が「逆転神話」を成し遂げたのは、ただの「奇跡」ではなかった。すべての要素が適切な場でしっかりと支えてくれたからこそ、達成できたものだったのだ。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

*キラキラ*

Author:*キラキラ*
✩ソイングク✩
*韓国リリース*
1st Mini Album「プルンダ:呼ぶ」
1st Album「Just Beginning」
Special Album「エギヤ My Baby U」
Digital Single「Broken」
Digital Single「Shake it Up!」
ラブレインOST「運命」
2nd Mini Album「Perfect Fit」
応答せよ1997OST「 All For You」
応答せよ1997OST「私達の愛このままに」
Digital Single「君のせいで生きていけない」
1st Single「笑って泣いて」
主君の太陽OST「恐れもせず」
Digital Single「別れ男女」
Digital Single「BOMTANABA」
高校世渡り王OST「帰ってくる道」
Digital Single「君とう季節」
Digital Single「BeBe」

*日本リリース*
1st Single「Fly Away」
2nd Single「We Can Dance Tonight」
1st Album「Everlasting」 
1st Mini Album「hug」
Best Album「Last Song」

*作品*
「ラブレイン」キムチャンモ&キムチョンソル
「光化門恋歌」カンヒョヌ
「応答せよ1997」ユンユンジェ
「マイ・ラブリー・ブラザーズ」ユスンギ
「主君の太陽」カンウ
「君に泳げ」チョウォニル
「とあるさようなら」ホォル&アンヨンモ
「高校世渡り王」イミンソク&イヒョンソク
「王の顔」グァンヘ
「君を憶えてる」イヒョン
「38詐欺動隊」ヤンジョンド
「ショッピング王ルイ」カンジソン

カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 
 
QRコード
QR