ソ・イングク ギャラリー {서인국 SeoInGuk}

歌手&俳優 ソ・イングクのファンブログです。ホットなニュースと映像を皆さんと共有したいです。 一緒にソ・イングクさんを応援しましょう。カテゴリ別に映像をまとめました。ブログに載せてる映像はソ・イングクさんのファンの皆さんがYOUTUBEに公開してくださった映像を使用してます。大切な映像の公開・共有ありがとうございます。{서인국 SeoInGuk}

 
1
4
5
9
10
11
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

NYLON 2015年10月号 ソイングク グラビア&インタビュー 和訳付け 

儀式みたいなもんでしょうかね?作品が終わるとお酒を飲む場を持つと聞きました。
活動的よりは親しい友達と集まる素朴な席が好きです。ところが今度はもう少し動いてみようと思ってます。考えてみたら以前から旅行したい休みたいとか言ってましたが実際に行動にはうつせなかったです。時間は十分にありましたが、怠けてたかもです。

特別な計画でもありますか?
最近はウェイクボードにはまってます。今年始めました。昨日も行ってきたのです。単純に遊んでるより運動になる活動を楽しめた方がグラビア写真を撮る時とか少しでも格好良く写るかも知らないという気持ちもありますし、必ずしも遠いところへ行かなくても友達とノレバンへ行くのも好きです。

ノレバンは本当に親しい人たちと行くものですが、メンバーは誰ですか?
一般人の兄さんもいますし、2BiCのジュンヒョン、チャンウクとも一緒に行きます。自信曲は毎回変わりますが、僕はちょっとバラード担当です。

もしかして違う人たちが盛り上げた雰囲気に氷水をかけたりするバラードではないでしょうね?
はは、そうではないです。タイミングと流れがあります。最初は余裕持ってペイスを調整をしながら歌うのでバラードを主に歌って後半になるとビール一杯しながら完全燃やします。帰る前に最後を飾る曲で、、

「君を憶えてる」が終わって一ヶ月ほどになりましたね。イヒョンというキャラクターを作っていく過程が簡単ではなかったと思います。
そうです。事件の手がかりを追ってパズルを組み合わせ関連性を探し出す作業を作品をやってる間ずっとやったと思います。まず、作家さんと監督さんはストーリの先のことをしてる状態ですが、僕は少し悩みました。果たしてストーリのすべてを分った状態で演技をするべきかそれとも知らないままに演技をしながら分っていくか結局僕が分って演技をすると視聴者の方が感じる新鮮さが半減してしまうのではないかと思いわざと先のストーリを聞かなかったです。

とても理性的なキャラクターで感情を表出する方式も悩みましたか?
とても難しかったです。多分全世界でも探しにくい特得なキャラクターだと思います。自分のお父さんを殺害した人と一緒にご飯を食べてる時でも理性的に全く乱れてない人物です。少しでも怒りを込めてセリフを話すんだったら僕も少しはスッキリしたかも知りませんが、、一方イヒョンという人が怒りを表出する瞬間負けてしまうのではないのかなとも思いました。イジュニョンと日常的な会話をする時も「あなたが私の弟をこのように育てたわけ?」という思いでカットと同時に急に後頭部に熱いものが上がって来たのです。

本当に非凡なキャラクターでした。
はい、しかし僕はイヒョンがあんまり特別に思われないでほしかったです。僕が見るときにはイヒョンとイミン二人とも潜在的な犯罪性向を持ってる人物です。ただし、イヒョンは自我が発達する時からお父さんから理性的なコントロール方法を教えてもらった人物でイミンはそれを習う前にイジュニョンが連れて行ってしまったのです。「人の性向は育てられた環境によって変わる」私たちのドラマのポイントはその部分にあったと思います。

イヒョンにも子供の時の記憶が重要な作用を果してますが、イングクさんは子供のごろを振り替えてみるとどんな事が浮かびますか?
まず、僕の人生で一番大きい事件は歌だったと思います。テレビの中の格好いい歌手に惹かれて歌を始めるようになったし、演技をするようになったからです。それで今はこのように格好いいグラビア撮影をしてインタビューもしてる事ですし、僕の人生のなかで一番重要なことでした。そして両親の事を見習って生きて行こうとも思ってます。僕が幼い頃家計が良く無かったです。お母さんが女性の体でリサイクル用排紙などを集める仕事をやってました。僕がデビューして収入源ができても1年前までもそのお仕事をやってました。お母さんのそのような強直な姿を見習おうとしてます。

最後まで知らない状態でもらった最終回の台本はいかがでしたか?
15話まで見せたイヒョンは徹頭徹尾な人です。事件を合法的に解決できないと思ったら中国にまで捜索を要請するほどでした。そのように冷徹なイヒョンが犯罪を起こした弟、イジュニョン、チャジアンとの関係をどのように解決していくのか僕もすごく知りたい状態で台本を見たのですが、開いた結末が繰り広がれてました。最終回の台本を最初に読んだ時より撮影しながらさらに気に入るようになりました。開いてあるという事は人々に考える余地を残してくれてることでしょう。あの人たちはこれからも楽しいことを作っていくだろうし最後まで協力して戦っていくんだろうと想像したら面白くなりましたし、、

このドラマを通して難題を解いた時の快感も感じたでしょうね。
今まで演じたキャラクターの中で一番難しかったのはその通りです。違うキャラクターを演じる時は楽しさを探してたなら今回は相対的にもっとたくさんの難問にぶつかったと思います。そのたびに息が詰まるしストレスも受けましたが一方では難しい問題を解決したとう思いで気分が良かったです。変態的な性向かな?ハハ、後頭部がずんと鳴ったり目の前が真っ暗になったり1,2時間過ぎてキャラクターをもっと分るようになったと思うとまた「こんな楽しみなんだね」と感じるのです。

大変だったのをやり告げた分視聴率も一緒について来てたらもっと良かったでしょうね。
もちろんです。たくさんの人たちから共感を得て関心をもらう時にもっと楽しくなります。それにもかかわらず現場の雰囲気が視聴率に打撃を受けなかったのは監督さんの努力があったからだと思います。慰めになりました。皆が疲れている時にも監督さんは最後まで笑顔で周りの人々に接してくれました。本当に素敵な方です。

作品を見送ってる最中にもまた違う作品おシノップシスが入ってきたりするでしょう?
有難くたくさん入ってきます。しかし、重要なのは数ではなく僕が作品の中でできる範囲の幅とか色だと思います。「ラブレイン」をする時にはドラマの雰囲気を明るくさせる役が多かったが今はさまざまなキャラクターが入ってきます。自慢ではない自慢ですが、今までやってきたキャリアをみると同じ物をしようとしてませんでした。僕は自分が持ってる多様性が人々に良く見せられた事に気分がいいです。

僕になんでこのような役が入ってくるんだろう?とも思ったりしますか?
もちろんです。作品はシナリオだけをみて「いいですね。やりましょう。」と決まる事ではなくたくさんのミーティングが行われます。普段は監督さんや作家さんに会うと僕に特異な部分が良いと言う方が多かったです。格好いいとは言ってくれませんでした。ハハ、

正直本人の魅力は何だと思いますか?
その言葉が合ってるようです。特異な顔。僕が少し対称が合わないのです。顎もそうですし、しかしその部分が画面から見ると魅力的だと言う方もいます。僕は典型的な美男系でもないですし、優しくも見えたりまた悪者のようにも見えたりします。ネット記事の書き込みを読む時一番よい反応は全部が新しく見えるという事でした。ユンジェやカンウ、イヒョンなど作品をする時にはそのキャラクターでしか見えないと言う事に快感を感じます。

毎回違う役に挑戦するのを目指してますか?
いいえ、そのようにするときりが無いでしょうね。以前「高校世渡り王」の製作発表会である記者の方が制服をまた着るようになりましたが、「応答せよ1997」のユンジェと混乱しないのかと質問してました。ほとんどの人が制服一回は着てみたでしょうし、学生だとして皆が同じ学生では無いのと同じく表現によって変わるので面白みを感じれると思います。そのような部分を考えながら近づいて行くと差はとても大きいです。

もう演技が良いか歌が良いかなどを聞く人はいないでしょう?
本当に幸いとそうですね。以前はお酒を飲む時同僚たちからも聞かれたりしてました。僕には親戚の甥と姪がいますが、二人のなかで誰がもっと好き?という感じの質問です。しかし、それはこれからの僕がそれくらい知りたいと言う事だという関心の一つだと思うと有難い事です。

出演する作品のOSTを歌えるのもかなり良い長点でしょうね?
うん、、僕はその部分は少し慎重なほうです。僕が画面の中で演技をしている時に歌ってる声まで流れるとイベント的な感じになりそうで、、「高校世渡り王」ユジェウォン監督さんとも以前そのような話をしたことがあります。もちろん一番美しい楽器は人の声だと思いますが、人がセリフを話してる場面で歌詞が聞こえると感情移入する時すこし邪魔になるのではないかと反対に僕がもし違う俳優さんが出演してる作品のOSTを歌うとしたら車に乗って深刻に考えてる場面程度がどうかなと思います。作品の邪魔にはなりたくないです。

結果物に対するフィードバックには気を使ってるほうですか?
その部分は慎重に考えようとしてます。たくさん聞かなければならない時もありますし、反対に全く聞こうとしない時もあります。自分の基準点は必ず必要です。なぜなら周りの人たちはまず、心配から近づきます。「大丈夫?」と逆に僕は全然なんともないのですが、、 多くのフィードバックを通して決定して行くときもあるし反対に自分が考えた事を最後までやり告げて行く時もあります。

ソイングクという人は国内最大のオーディションプログラムの初代優勝者であり全国民が青春時代を思い出して熱狂しながら観たドラマの主演俳優でした。続けて頂点に立たなくちゃという負担感はありませんか?
人間の欲にはきりがあるでしょうか?でも僕は周りの人たちにもよく話します。今やってる事自体もとても感謝してると「僕はどこまで上りたい。もっと上らなくちゃ」と言う気持ちだけでいると人生がとても辛いんじゃないでしょうか?もちろん欲をだして一所懸命にするのも大切ですが、僕が貰ってる愛情と関心がどれくらい幸せな事で有難い事なのかをしっかりとわかっていなければならないと思います。

仕事も仕事ですが、久しぶりに感じる秋じゃないですか?この秋は何をしながら過ごすつもりですか?
最近は友達と何をしようかと期待するのが一番楽しいです。昨日は車に乗って家に帰ってくる途中道がとても込んでカピョンから即興的にそのまま4,50 Kmを走ってチュンチョンで鳥カルビを食べてきました。それから帰ってくるときにもまだ道が込んでたので車の中をそのままノレバン化しました。1990年代の歌は全部歌ったと思います。もちろんUPの歌も!その気持ちさえあればどこへ行ってもトキメキさを感じられます。とにかく最近はそんな楽しみで過ごしてます。ハハ

「ある秋」

CPfaO73UEAA_FSP.jpg

CPfkjF6UAAApnO-.jpg

CPfkm1mUYAAQ7ki.jpg

CPfkmPqU8AE8ZZ2.jpg

CPfaOGgU8AApMnS.jpg

CPfaNuKVAAEoxid.jpg

スキャン:@kimdukoo  
スポンサーサイト

Comments

ふむふむ( ^∀^)♪♪
キラキラさん☆こんばんゎ♪

立て続けに雑誌和訳UP★
いつもありがとぅございます(≧∇≦)

なかなか見れない内容を丁寧に訳されていて、感謝♪感謝♪です!!

普段のグクssiの素朴さゃ、素直な気持ちなど感じられて、ますますグクssi☆が好きになりましたぁ(///ω///)笑♪♪♪

今月の『韓流ぴあ』…グクssiが表紙を飾り、仕事終わりに拝見しましたところ…かんんんなり癒されました( ;∀;)笑♪

今ゎ、ゆっくり自分の時間を満喫リフレッシュ☆(主にノレバン♪笑)して欲しいですね~♪

わたしもノレバン♪行くっきゃなぃな!!笑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Comment


Body
プロフィール

*キラキラ*

Author:*キラキラ*
✩ソイングク✩
*韓国リリース*
1st Mini Album「プルンダ:呼ぶ」
1st Album「Just Beginning」
Special Album「エギヤ My Baby U」
Digital Single「Broken」
Digital Single「Shake it Up!」
ラブレインOST「運命」
2nd Mini Album「Perfect Fit」
応答せよ1997OST「 All For You」
応答せよ1997OST「私達の愛このままに」
Digital Single「君のせいで生きていけない」
1st Single「笑って泣いて」
主君の太陽OST「恐れもせず」
Digital Single「別れ男女」
Digital Single「BOMTANABA」
高校世渡り王OST「帰ってくる道」
Digital Single「君とう季節」
Digital Single「BeBe」
明日、あなたとOST「花」
Digital Single「一緒に歩いて」

*日本リリース*
1st Single「Fly Away」
2nd Single「We Can Dance Tonight」
1st Album「Everlasting」 
1st Mini Album「hug」
Best Album「Last Song」

*作品*
「ラブレイン」キムチャンモ&キムチョンソル
「光化門恋歌」カンヒョヌ
「応答せよ1997」ユンユンジェ
「マイ・ラブリー・ブラザーズ」ユスンギ
「主君の太陽」カンウ
「君に泳げ」チョウォニル
「とあるさようなら」ホォル&アンヨンモ
「高校世渡り王」イミンソク&イヒョンソク
「王の顔」グァンヘ
「君を憶えてる」イヒョン
「38詐欺動隊」ヤンジョンド
「ショッピング王ルイ」カンジソン(ルイ)

カテゴリ
 
 
 
検索フォーム
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 
 
QRコード
QR